佐賀市大和町│ふじおか病院

お電話番号

内視鏡検査のご案内

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)

従来胃カメラと言われたいた検査です。口もしくは鼻からCCDカメラの付いた内視鏡を入れて、食道、胃、さらに十二指腸を内側から直接見ることができる検査法です。内視鏡検査に使用する器械は柔らかく、小指ぐらいの太さです。内視鏡の先端から明るい光を発して、食道・胃・十二指腸の内部を鮮明に観察し、病変があるかどうかを調べます。 場合によっては、粘膜の表層の一部を採取して顕微鏡で細胞を観察する生検と呼ばれる検査を行うこともあります。

生検は、内視鏡を通して小さな組織片を、なんの痛みも感じることなく採取できます。当院ではできるだけ楽に検査を受けていただけるように配慮し、のど麻酔に加えて緊張をほぐす鎮静剤を使用しています。苦痛を訴える方はほとんどいらっしゃいません(ただし検査後30分から1時間程度の安静が必要です。またご本人運転での車での受診は可能な限りをご遠慮を願っております)。

またご希望の方には経鼻内視鏡検査も行っています。

大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)

大腸内視鏡検査は、大腸(結腸)を内側から直接見ることができる検査法です。

検査を行うために、内視鏡を注意深く肛門を通して大腸に挿入します。大腸内視鏡検査に使用する器械 は柔らかく、人差し指ぐらいの太さです。内視鏡の先端から明るい光を発して、大腸の内部を 鮮明に観察し、病変があるかどうかを調べます。場合によっては、粘膜の表層の一部を採取して 顕微鏡で細胞を観察する生検と呼ばれる検査を行うこともあります。

生検は、内視鏡を通して小さな組織片を、なんの痛みも感じることなく採取できます。 また、大腸内視鏡検査中にポリープを切除することも可能です。ポリープは、いぼの様な形を しており、粘膜が異常に増殖したものです。内視鏡で切除した場合には詳しく顕微鏡で検査します。

image_naishikyou01

大腸検査は『きつい、苦しい』というイメージが先行しています。
実際受けた方々できつかったという理由を聞きますと

  1. 検査前に大腸をきれいにするために腸管洗浄液の飲水
  2. 検査中のおなかの痛み
  3. 検査中、検査後のおなかの張り

などがその代表的なものです。

腸管洗浄液に関して

腸管洗浄液の味がうけつけなくどうしても飲めないと言われる方、1Lはいいのだけどその後は苦しいと言われる方がおられます。このような方々には最近腸管洗浄剤を処方します。5錠飲んで水(ウーロン茶も可)を200ml飲みます。これを15分毎に8回
~10回繰り返します。

どちらも経験のある患者さんへのアンケートでは『錠剤の粒が大きくて飲みにくい』という患者さんもおられますが、概して『錠剤の方が楽』と言われる患者さんが多いようです。ご希望の方は医師もしくは看護士へご相談ください。
ただし自己負担の薬剤処方代が1,000円程度高くなります。

おなかの痛みに関して

おなかの痛みに関しては、個人個人千差万別です。
手術歴のある方は腹腔内が癒着していることが多く、術者がどんなに注意しても痛みがでることはあり得ます。当院では職員の技術研修と安全な安定剤の使用を併用し苦痛の少ない内視鏡検査を目指しており術後のアンケート結果からもよい評価を頂
いています

検査中、検査後のおなかの張りに関して

検査中、検査後のおなかの張りは腸の中を観察する際に空気を入れて膨らませて観察するためです。従来は観察後はこまめに空気を抜いておなかの張りを軽減するようにしていました。

しかしヒダに隠れたポリープを見逃さない為にはどうしてもある程度の空気を入れざるを得ません。

このため当院では平成22年より佐賀市内でいち早く内視鏡用炭酸ガス送気装置(OLYMPUS UCR)を導入しました。これは内視鏡を使って、消化器管腔内に炭酸ガス(CO2)を送気できる装置です。これまでは、空気を送っていたのですが、送気された炭酸ガスは、空気と比べて生体吸収性に優れていることから、拡張した腸管を速やかに収縮させ、患者さんの膨満感からくる苦痛を緩和してくれます。

従って、検査後、お腹がはって苦しいなどの症状はほとんど認められません。

image_naishikyou02

増加する大腸がん撲滅の為にも当院では積極的に大腸検査をお勧めしています。
ぜひ『便に血が混ざる』・『便先が細くなった』・『便秘がひどくなった』・『おなかが張る』などの症状がある方はご相談ください。また『以前大腸検査では痛かったが、検査はして欲しい』という方もご相談ください。

Copyright (C) Fujioka Hospital, All rights reserved.